小規模宅地等の改正点その2<居住用の限度面積の見直し>

小規模宅地等の改正点、今回は平成27年1月からの改正です。

被相続人が住んでいた家屋を、配偶者や同居していた親族が相続する場合は、その土地の評価額を最大240?まで80%も減額します…というのが、小規模宅地等(居住用)の概要です。

例えば240?で5000万円の土地であれば80%減額で⇒1000万円まで評価を下げることができるので、これが使えるor使えないで相続税は大きく変わります。

この240?という限度面積が330?にアップします。

330?=100坪の自宅というと都会では相当少ないので、メリットがある人は少なそうに見えますが、自宅は200?だけでも、他に貸駐車場を持ってる人なども実は大きなメリットがあります。

<続きは、次回のコラムで>

InsertedImage