土地家屋調査士さん

簡単に言うと土地の境界線を決めて、測量して、登記する仕事をされています。

最近相続絡みのお仕事が増えているとのこと。
それは相続発生後ではなく、相続が発生する前のお話。

自分が死んだ後に相続人たちが苦労しないように、
今のうちに隣地との境界を決めてキレイにしておきたいという案件が多いそうです。

隣地との境界がはっきりしていない、おとなりとモメている、という土地いっぱいあります。
これまでの歴史を知らない次の世代が引き継いでしまうと、さらに問題が悪化するケースも。

歴史を知っている世代で問題をクリアにしておくことも大事なんでしょうね。