失敗事例

相続の失敗例?「分割の失敗」

【相続発生前の状況】

・現預金 1億5000万円
・不動産  5000万円

【家族構成】

・ご主人、奥様、長男、長女

【分割】

法定相続分を基準に財産分割を分割

奥様(1/2)  現金 7500万円、不動産 3000万円
長男(1/4)  現金 5000万円、不動産 1000万円
長女(1/4)  現金 5000万円、不動産 1000万円

ポイント

「法定相続分」は決してこの割合で財産を分けなければいけないものではありません。自由に財産は分割できます。

このケースは「法定相続分」で分割しなければいけないと勘違いして、財産をすべて法定相続分で分割されました。

今回の相続については大きな問題は生じないのですが、奥様に約1億円の財産が移ったことで、次の奥様の相続税の問題が生じます。

相続を考える場合は少なくとも次の相続(配偶者の相続)まで考えて、財産分割を考える必要があります。



相続の失敗例?「生前贈与の失敗」

【相続発生前の状況】

・現預金  6000万円
・不動産  5000万円

【家族構成】

・お父様、長男、長女
※長男、長女は別居

ポイント

お父様が亡くなる一か月前に、お父様の銀行口座からご長男とご長女の銀行口座に送金がありました。金額はそれぞれ2000万円、合計4000万円。

「相続税を抑えるために、財産を少しでも減らしておこう…」と長男が考えたのですが、あまり意味はありません。

相続が始まる前3年以内の贈与は、相続税を計算する時に、お父さんの財産に戻して計算します。亡くなる前の「駆け込み贈与」を防止するための方策です。

また税務署は被相続人の通帳は必ず開けてチェックします。4000万円もの金額が動いているのを見逃すはずがありません。

相続直前の贈与や資金移動はほとんど意味がないので、事前に計画的に贈与を考えていきましょう。